えいご・ぽるとがる語のお話

The Daily

Life is what we expect, today is what we get.

<英文法解説vol.1>否定文でAlreadyは使用できるのか?

瓜生 豊, 篠田 重晃『実力判定 英文法ファイナル問題集』 桐原書店, 2018年, pp12より

(057) I'm hungry, but it isn't lunch time (  ).

① already

②either

③still

④yet

という問題で、( )に当てはまる答えは、文章の流れ的に「まだ」を表す、yetが正答となります。解説には、alreadyは肯定文で用いられる、との記載があるが、実際に、否定文のなかでalreadyが出てくる例は多く存在する。そのため、どういったケースで alreadyが否定文で用いられるときに、それが正文法として成立するのか、例文を参照しつつ、文法書なども時折確認しながら証明していこうと思う。

 

Corpus of Contemporary American English (COCA)

で、not+already というキーワードを入力し検索して、contextを参照するとこのような文章が並んだ。

肯定文以外にも、否定文で使われることは明らかであることがわかった。これに関しては、The Cambridge Grammar of the English Languageにおいても述べられており、alreadyをpolarity-sensitive itemと定義していることから、肯定文・否定文の両者で活用できる副詞の一例として扱われている。ただし、Alreadyは、

already are certainly not wholly excluded from falling within the scope of a negative, but they do so only under restricted conditions

 という記載があることから、自由に、そして使い勝手がよい副詞ではないことがわかる。否定文に用いられている alreadyをみていくと、だんだんとdistinctiveなものが見られる。そして、通例、alreadyが使われる否定文には3つの特徴が存在することがわかった。

もう一度、こちらを参照すると、

① if 節で使われている

②関係詞

③疑問否定

で用いられることが多いのだ。

 

 

 さらには、

Note that 'already' cannot normally be used in negative statements, but can be used in negative if-clauses, negative questions and relative clauses

The Cambridge Grammar of the English Languageも定義している。

 

if she does not already......

I don't see anyone who's not already....

What misuse and abuse is the FCC going to save us from that is not already happening? 

 

などが見られるのはこのおかげである。

 

否定文での可能性はあることがわかったが、依然としてAlreadyは基本的に肯定文でのみ利用されるという考えで受入れられるべきで、否定文ではこれからもyetで構わないだろう。こうした特例ともされる英文法の用法は、一切書き手や話し手である人間に任せられているのは、確かではあるが、それなりに彼らも「誤解」されるリスクは背負っている。当然、高校受験や大学受験で、こういった特例が認められる、もしくはこういう割とマイナーな形の文法的用法が容認・出題される可能性の方が低いため、「そうなのか」程度にしておくのが賢明である、と判断する。

 

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村